警告: 当サイトはアダルト・コンテンツを含む
18禁サイトです。 18歳未満の閲覧は禁止さ
れています。
〔サイトマップ〕 〔性的嗜好チェッカー〕

使用済み生理用品SM売春弱者レイプ受身性交ご都合妄想泥酔レイプ昏睡レイプ拘束レイプ威圧レイプ脅迫レイプ





<卑怯な性交>とは?

女性を獲得して、その肉体と交わるには通常、コミュニケーションにより女性の心を開いて、その気にさせていくというステップを踏むが、そのような努力をしない、あるいは出来ない男性がいます。

このような男が、女体を確保して肉壷にペニスを埋め込むには、女性をその気にさせるというステップを経ず、女の同意を得ずに肉穴を使うしかありません。 このように、女性がその気になっていないのに、その膣内にペニスを挿入および射精することを「卑怯な性交」と言います。 すなわち、女性を肉便器、精液便所、等身大の生膣オナホール、射精用肉人形として用いるということです。

女性をその気にさせることなく行うセックスが、なぜ卑怯なのか? 女性が望んでいない性交を強要するという点において卑劣であり、女性の心に正面から挑んでいないという点において臆病であるからです。








道に落ちていた泥酔女に公衆便所で中出し



クロロホルムで昏睡させた主婦を廃屋で犯す



手足の自由を奪われたダルマ少女無残



時間を止めて幼女と性交

ズリネタにおける卑怯な性交と、その種類

「卑怯な性交」は、下図のように分類されます。(下図のピンク色の文字がリンクです)



----卑怯な性交--------卑怯な性欲------------------「エセ」卑怯な性交
--------|------------------|------------------------------|
--------|------------------|----使用済み生理用品----------|----SM
--------|------------------|
--------|------------------|----痴漢
--------|
--------|----レイプ
--------|------|
--------|------|------------------ 物理的拘束
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 泥酔
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 昏睡
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 拘束具
--------|------|----------------------
--------|------|
--------|------|------------------ 精神的拘束
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 威圧
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 脅迫
--------|------|----------------------
--------|------|
--------|------|------------------ 物理&精神的拘束
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 暴力
--------|------|----------------------|
--------|------|----------------------|------ 弱者(ロリなど)
--------|
--------|---- 売春
--------|------|
--------|------|------------------ 風俗店
--------|------|
--------|------|------------------ フリーランス売春婦
--------|------|
--------|------|------------------ 無自覚売春婦
--------|
--------|---- 受身(痴女、肉食系)
--------|
--------|---- ご都合妄想




上図の説明:

「レイプ」は、女性の同意を得ずに行うセックス全てを含みます。

「売春」には女性にカネなどの対価を払って行う性交が含まれます。 売春によるセックスでは、女性の同意は得ていますが、売春婦の最終的な目的はカネであって性交ではなく、女性をその気にさせる努力をせずにおカネでセックスをさせて貰うので「卑怯な性交」に該当します。 援助交際や枕営業も「売春」に含みます。

「受身」は、男性が積極的なアクションを起こさなくてもヤル気になっている女性とのセックスを含みます。 厳密には卑怯な性交の定義から外れますが、「受身」の性交を望む男の側の心理は卑怯な性交の場合と同じだと考えられます。

「ご都合妄想」とは、現実の世界におけるセックスのあり方を指す語ではなく、エロ作品の種類を指します。 非現実的な超能力や催眠術を利用して、まっとうな努力をすることなく簡単に女性とセックスできてしまう架空の世界を舞台にするというタイプの作品です。
    例えば「催眠術で好きな女の子といつでもエッチできちゃう」という作品ですが、こういう作品こそ正に卑怯な男性の願望を具現化したものでしょう。 エロゲやエロ同人に多いですが、アダルトビデオでも結構あります。


「物理的拘束」には、女性の身体の自由を奪うことで、女性の同意を得ずに行う性交が含まれます。女性の意識を失わせて性交する「泥酔」「昏睡」はここに分類しています。

「精神的拘束」には、@意識があり、A身体的な自由も失っていない女性の意思を束縛して、女性が望まないのに行う性交が含まれます。 「脅迫」はそのわかりやすい例でしょう。「威圧」とは、当サイトでは、身体能力の優越や社会的な立場の優越により、女性の意思決定に決定的な影響を及ぼすことを意味します。
    「威圧」「脅迫」との違いは、合理的に女性を脅すのに十分な材料が有るか無いかということです。理性的に考えれば脅されるに足るだけの材料が被害者の側に無いのに、気迫で圧倒されたり、感情的に追い詰められたりするなら、それは「威圧」されています。 したがって、「威圧」では、被害者女性が強い意志で「威圧」を撥ね付けた場合の結果が「脅迫」ほど確定的ではありません。

「物理&精神的拘束」には、上記の「物理的拘束」「精神的拘束」両方の性質を備えている性交が分類されます。 「暴力」というと、物理的なものと思いがちですが、精神的な側面も見逃してはなりません。 強姦において、例えば、実際に女性をナイフで刺して傷を負わせて抵抗力を奪うよりも、むしろ「刺すぞ」と脅すことの方が圧倒的に多い(少なくともエロ作品においては)わけですから。
    「弱者」とは、精神的または身体的な弱者を指します。 拘束具や薬物などに拠らずして、容易に抵抗を封じ込めて犯すことの出来る女性です。 主にロリを指すことになりますが、手足を骨折して入院している女性患者の強姦なども、このカテゴリに含まれます。 あとは、現実の事件でもありましたが、知恵遅れの女性を犯すとかも。

「使用済み生理用品」とは、女子トイレの汚物入れに捨てられている使用済みのタンポンや生理ナプキンのことです。 これらの使用済み生理用品に興奮することを「卑怯な性欲」と呼んでいます。 女性本体との性交を伴わないため「卑怯な性交」にはあたりません。


各種「卑怯な性交」の卑怯レベル

各種の「卑怯な性交」はそれぞれ、卑怯な性交となるための条件を満たしているわけですが、それでも、その種類により卑怯レベルが異なります。

「卑怯な性交」とは、方向性的に、女性とのコミュニケーションを否定するものなので、女性をその気にさせるためのコミュニケーションどころか、性交中のコミュニケーションすら無いタイプの「卑怯な性交」の方が、卑怯レベルが高いと言えます。

したがって、性交中に要求されるコミュニケーションの度合いからいって、女性との性交中のコミュニケーションが全く無い「昏睡レイプ」「泥酔レイプ」の卑怯レベルが最高で、「売春」「受身」の卑怯レベルが最低となります。

これらの中間に位置するのが、「拘束レイプ」「脅迫レイプ」です。 その場の支配者である卑怯な男の任意により、女性とのコミュニケーションの有無を選べるからです。 音声のオン/オフを選べるエロゲのようですね。

「弱者レイプ」は状況次第といったところでしょうか。 「ご都合妄想」の中には、卑怯レベルが最高のものが多いです。 「時間停止」モノ「壁尻」モノがそうです。 性交相手の女性とのコミュニケーションを一切行わないという点において、これらは「昏睡レイプ」と同じなのです。

「受身」に興奮しないどころか「拘束レイプ」にもあまり興奮せず、「昏睡レイプ」にばかり無闇に興奮する人は、卑怯レベルが最高の男ということになりますね。

いま思いついてしまいましたが、「昏睡レイプ」の上のレベルが「死姦」かも...


(追記)
「幼心の君に」という同人サークルに、昏睡レイプと死姦との接点が見受けられるように思います。

それにしても、このサークルの卑怯レベルは最高ですね。 ロリータという「弱者」の要素を基本にし、そこに「昏睡」、「死姦」、「拘束具」などの卑怯要素を重ねるという臆病さ。 よほど内気なのでしょう。

このサークルの The Lucky Hole という作品の紹介文に、「相手からは自分の姿が見えないことを利用して」という一文がありますが、ここにも性交相手とのコミュニケーションの拒絶したいという願望が表れていますね。 このサークルの作品において、拘束具の中でもアイマスクの存在感が大きいのも同様に、コミュニケーション拒絶願望の表れでしょうね。

死姦という嗜好がすべて、コミュニケーション拒絶願望に基づくのではないでしょうけど、このサークルの作品に限っては、昏睡姦の延長線上に死姦があると思います。


卑怯な性交でない行為

「SM」と「暴力のための暴力」は、性交が目的ではないので「卑怯な性交」ではありません。

一部のレイプ動画には、女性への暴力自体が目的となっているような作品がありますし、SMでは性交のみが目的ではなく縄で縛られた女体の美しさを鑑賞するのが目的であったりするようです。 しかし、卑怯な性交にとっては、暴力も拘束も手段であって決して目的ではないため、「SM」も「暴力のための暴力」も到底「卑怯な性交」とはいえません。

卑怯な性交とは、基本的な性欲に由来するものであり、そのような基本的な性欲すら卑怯な手段によらずしては満たせない男達の情け無い行為なので、普通のセックスに飽きた者が嗜むSMは、ある意味卑怯な性交の対極にあるわけです。 その普通のセックスがしたいから卑怯な手段を用いるというのが卑怯な性交なわけですから。






当サイトにおける用語

当サイトにおいて、"少女"、"●女"、"○女"、"女の子"、"幼女" 及び "女子" は、20歳以上であって心身ともに平均的な成人女性と同程度にまで発達し、かつ成年に達した女性を意味します。 さらに、当サイトにおいて、"小学生"、"中学生"、"c学生"、"●学生"、"○学生"、"高校生" 及び "女子高生" とは、20歳以上であって心身ともに平均的な成人女性と同程度にまで発達し、かつ成年に達した女性のうち学校教育法の定めにおける「大学」に在籍する者を意味し、"小学校"、"●学校"、"○学校"、"中学校"、"c学校"、"女子高" 及び "高校" とは学校教育法の定めにおける「大学」を意味します。 また、当サイトにおいて、"男性器"、"剛直"、"陰茎"、"チンポ"、"肉棒"、"ペニス" 又は "チンコ" は、バナナを意味します。 "女性器"、"膣"、"まんこ" 又は "マンコ" は、赤貝を意味します。 最後に、当サイトにおいて、"セックス"、"交尾"、"種付け行為" または "性交" とは、男性と女性が手をつなぐことを意味します。 当サイトにおいては、上記の各定義が、一切の辞典、辞書、文献、またはその他の権威に関わらず適用されることとします。



inserted by FC2 system